大切にしていたものだからこそ高値で!?楽器買取におけるミニ知識を幅広くご紹介

所有していた楽器を業者に売却すること、ネットオークションとは異なり煩雑な手続きなどがなく高値で売却できる可能性を持つのが最大の魅力です。
ギターやベース、ピアノやキーボード、ドラムなど以外にもヴァイオリンやトランペット、サックスなど幅広いジャンルの楽器が対象になります。
楽器買取業者の中にはギターやベースを中心にしているところ、ピアノを専門に買取しているところなどがあるので、売りたい楽器を得意にしている楽器買取業者を使うことが高値で売るコツに繋がります。

楽器買取のメリットは直接的に業者との間で取引が成立すること

楽器買取は、個人が保有している商品を業者に売却するサービスの一つで、不要になった商品の処分や新しいものを購入する際の資金を得るなどの目的で利用されます。
買取の最大のメリットは、業者と直接取引ができることで専門知識を有している査定員により状態・ブランド・年式などで査定を行い適正な価格で提案してくれます。
このサービスはネットオークションなどとは異なり、直接的に業者との取引が成立するので、煩雑な手続き、トラブルのリスクが低いなどのメリットを持ちます。
楽器を売却するときは信頼性が高いお店や会社を使うことがポイントですが、長い実績や歴史があることや透明性のある査定、顧客の口コミ評価が高く専門知識を有しているなどが信頼性が高いといえます。
なお、業者間で価格が大きく異なることもあるので比較が大切です。
その比較方法で有効なやり方は、オンライン査定を活用するやり方です。
オンライン査定は写真や詳細情報(モデル名や年式、傷の有無など)を提供することおおよその値段を提示してくれます。

楽器買取を成功させるポイント①:状態をきちんとチェック

成功させるためには、最初に売却する商品そのものの状態をしっかり確認することが不可欠です。
特に弦楽器は表面の小さな傷や変色、木部のひずみなど細部までチェックしておきましょう。
電子機器を内蔵しているものは音が出るなどの確認を行っておくと安心です。
オリジナルパーツや付属品、取扱説明書などが揃っていると査定アップになることも珍しくありません。
相場価格を把握することも売却する上では欠かせない重要な作業です。
楽器の買取価格は市場の需要および供給により変動するので、現在の楽器の相場を把握しておけば適正価格で買取して貰えるようになります。
業者の選び方の中でも重要なことは信頼性で、信頼できる業者を選ぶことで適正な査定および安心取引が実現します。
信頼性が高い業者は査定基準や詳細を明確にしていて、どのような部分が重要視されるのかどのような要因で値段が決まるなど説明をしてくれるので、納得および満足できる取引が実現します。

楽器買取を成功させるポイント②:相場価格を調査

お気に入りで使用していた楽器も年月とともに使用しなくなることがありますし、他の種類やランクに買い替えたいということも生じてきます。
そのような時に処分をしてしまうともったいないですので是非買取ショップに買い取ってもらいましょう。
では、楽器買取を成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか?それは、相場価格を調査することです。
相場調査はインターネットなどで簡単に調べることが出来ますし、直接お店に電話しておおよその相場を聞くこともできます。
それから自分が売りたい楽器を実際にお店に持っていって査定してもらいますが、自分が調べた金額よりもかなり安い価格が付けられたならほかのお店を探す方が賢明です。
「近くにお店が見つからない」という場合ですと、郵送でも可能なお店を見つけるかもしくは、引き取りをお願いすることです。
メールやラインなどで写真を添付して状態を伝えると、簡単に査定をしてもらえますので大変便利です。

楽器買取を成功させるポイント③:業者の選び方のポイントを知る

楽器買取を成功させるためには、良い業者を選ぶことが重要なポイントとなります。
そのためにはその実績をチェックすることが重要であり、様々な情報をインターネットなどを利用して集めることが効果的な方法となっています。
良心的な所の場合には様々な楽器の査定額をインターネットで公開し、参考価格を提示しているものです。
また実勢売価を表示しているところも多く、そのために市場の相場や価値を知ることができるので安心して売却をすることができます。
さらにこれらの実績を積極的に公開しているところは、強い意志を見せているところと評価できるので、高額査定が期待できる場合も少なくありません。
楽器買取の業者の選び方の中で最も注意すべきポイントは、実際の楽器の取り扱いです。
特に店舗等の場合には丁寧にメンテナンスをして安心できる状態で販売しているところも多いのですが、リサイクルショップ等の場合にはメンテナンス方法がわからずにそのままの状態となっていることも少なくありません。

楽器買取の流れ!査定後の手続きについて

楽器を買取店を利用して売却するときの申し込みから査定後の手続きを知ることで、どのような書類を要すべきか把握ができます。
最初に行うことは信頼できる楽器買取業者を見つけること、口コミ情報や業者の実績などをチェックすると良いでしょう。
オンライン査定に申し込みして、数社から大まかな見積もりを受け取り比較します。
オンライン査定では、楽器の写真や詳細な情報などなるべく細かく情報を伝えることで査定額も買取価格に近づきます。
後は、実物をお店に持ち込んだり出張サービスを利用して自宅で査定して貰うなど日程の調整を行った上で査定額を提示して貰います。
査定後の手続きは、査定結果の通知により価格の交渉を行うことになりますが、価格交渉は大幅な上乗せは難しいので適切な価格を事前に調べておくと良いでしょう。
契約の締結の際には契約内容や取引の条件などを確認してからサインする、後は楽器の引き渡しと代金の支払いなどの流れになります。

楽器買取で成功させるためトラブル事例も参考に

買取を利用するとき、トラブル事例を参考にしておくとスムーズな取引ができますし満足感がある買取サービスになるなどのメリットもあります。
信頼性が高い買取店なら問題はないですが、業者の楽器の取り扱いが雑で楽器に傷やダメージを与えられてしまうことがある、業者と顧客の間で査定額についての認識のずれがあり納得できない価格が提示される、契約書の内容が不十分だったり不明確だったり後からトラブルが起きるなど、このようなケースが想定されることを知っておく予防策を取れるので安心取引ができます。
予防策としては、楽器買取業者の評判や口コミを調べて信頼性が高い業者を選ぶこと、売却する楽器の市場価格を事前に調べて査定価格の目安を把握します。
このときオンライン査定を利用すれば、買取価格の下限から上限を把握できるのでおすすめです。
契約を結ぶときは、内容をしっかり確認する不明点や疑問点は必ず業者に確認するなどで回避できます。

楽器買取でトラブルを回避するための予防策

楽器の買取の中では、業者とお客さんの間で認識のずれが生じて査定価格の不満が生じたり、雑に扱うなど取扱いに関するトラブルが発生することもゼロではありません。
また、契約書の内容が不十分もしくは不明確などの理由うにより後からトラブルの原因になることもありますし、本来あってはならない支払い遅延や知らないうちに偽造品や模倣品を持ち込み、買取側もそれが真正品と偽り模倣品を扱うなどのケースもあるといいます。
楽器の買取では、トラブルを避けるための予防策も把握しておくことが安心な取引に繋がります。
買取業者の評価や口コミなどの情報を入手して信頼性の高い業者を選ぶ、売却する楽器の詳細や市場価格などを事前に調べて査定価格の目安を把握するなどが大切です。
契約を交わす際には内容を十分に確認して分からない点については必ず確認する、楽器の真正性を証明できる書類や証明書などを用意しておいて疑問に感じたときは提示するなど、このような予防策が有効です。

ドラムセットなどに有利な楽器の出張買取のメリットやデメリット

楽器買取には店で査定する方法以外に、ドラムセットなど重量があったりサイズが大きかったり、数が多かったりするときに便利な出張買取や帰宅が夜遅くなることが多い人などに便利な宅配買取などを用意している業者も少なくありません。
出張サービスの最大のメリットは一人では動かせない重量があるピアノや数が多いドラムセットなどを自宅で査定、その場で引き取って貰える点です。
デメリットは業者スタッフが自分の家の中に入る点で、信頼できる業者を選ばないと不安に感じる人も多いのではないでしょうか。
宅配を利用した楽器買取は、自分の空いている時間で作業できること、梱包材を用意しておけば時間をみつけて梱包、後は宅配業者に集配を頼めば終わりといった手軽さがあります。
ただ、梱包ができない大型の楽器や破損のリスクがある楽器には使えないなどのデメリットが存在します。
また、キャンセルのときには返送料が掛かることもあるので事前に確認しておくことをおすすめします。

キャンセルのときの費用は?楽器の宅配買取のメリットやデメリット

宅配買取は自分の空いている時間を使い梱包して宅配業者に荷物を預ければ完了、このような手軽さがメリットです。
対面でのやり取りがないので、査定価格に納得できないときでも断りやすさがあるのではないでしょうか。
断るときにはキャンセル料金や宅配便で送った楽器を返して貰うための返送料が掛かることがあります。
これは、買取店によりキャンセル料や返送料を無料にしているところがあるため、このようなサービスの有無を確認しておけば安心です。
なお、楽器を宅配便で送るときには梱包ができない大きな楽器があるため全てが対象にならないデメリットがあります。
ドラムセットなどの場合は、それぞれのドラムを個別に梱包することで査定して貰えますが、数が多いので梱包に時間や手間がかかってしまう、このようなデメリットもありますので楽器の種類により出張サービスを利用した方が便利です。
エレキギターやエレキベースなどハードケースなら安心ですが、ソフトケースだと破損のリスクがあるのでしっかり梱包することが大切です。

楽器買取には基本的な査定基準がある

楽器買取における査定の基準にはどのようなものがあるのか、これから大切に使い続けてきた楽器を売却する人は売りたい種類ごとの査定基準を知ることで高価査定に導ける、このようなメリットにも繋がります。買取での査定基準の基本は、傷・汚れの有無や取扱説明書や付属品の有無、それと製造年度です。これは多くの楽器で共通するもので、売りたいものにはそれぞれ査定での基準があることを理解しておくことが大切です。 使い続けていると自然に傷や汚れが生じますが、購入する人にとって目立つ傷や汚れはなるべく購入したくない、このように考えがちです。そのため、状態が悪いものは買取査定が下がることも少なくありません。ただ、エレキギターやエレキベースの中にはヴィンテージモデルと呼ぶ古い時代に製造された楽器もあり、ヴィンテージモデルは傷や塗装の剥離などがあっても大きく査定額が下がることがない、このような特徴を持つものもあることも覚えておきましょう。

楽器買取の査定基準①傷有りや塗装の剥がれたエレキギター

楽器買取には種類ごと基本的な査定基準がありますが、査定基準の基本は傷・汚れ・付属品の有無・製造年の4つです。エレキギターは楽器買取の中でも多くの人々が利用されているようですが、ネックの反りやフレットの減り具合など特有な基準があります。大半の楽器買取店では、ギターやベースは備品・普通・傷ありといった具合に評価して傷がないものはほぼ新品状態、ケースおよびアームなど欠品がないものは備品として評価してくれます。 エレキギターやエレキベースは、マイクで弦の音を拾い内部の電子回路で音量および音質をコントロール、そしてアンプに信号を送る仕組みを持ちます。ボリュームを回したときにガリノイズが発生することもありますが、スイッチやジャックなどの接触不良も減額の対象になることが多いようです。古い時代に製造されたものは塗装の剥離などが生じているケースもありますが、ヴィンテージモデルは塗装の剥離が生じていても大きく減額されることはありません。なお、エレキベースは付属品の有無や本体の状態だけでなくブランドやモデルが大きく影響します。

楽器買取の査定基準②ブランドやモデルが大きく影響するエレキベース

エレキベースの買取基準は、エレキギターと基本的に同じでネックの反りやフレットの摩耗度合い、汚れや傷、塗装の剥離などです。これ以外にも付属品の有無や製造年も価格に影響を与えるものですが、これらは多くの楽器で共通している査定基準といえます。ベースの場合は、ブランドやモデルが大きく影響するといわれています。ジャズベースやプレシジョンベースなど名高いブランドは世界中のトップクラスのミュージシャンからの高い人気を持ちますので、高価な値段で売れる可能性があります。新品で購入するとなると高価で手が出ないバンドマンも、中古品なら何とか手が届くなど中古としての需要が高い楽器ですから、有名ブランドのエレキベースは高価査定になりやすいです。ちなみに、塗装の剥離は長く使っていると生じてしまいが、査定では減額の対象です。ただ、古い時代に製造されたヴィンテージモデルは例外でマイクなどベースとしての機能がしっかりしているものは高価な値段で買取して貰えます。

楽器買取の査定基準③ドラムセットか否かで査定が決まるドラム

ドラムは単品とセットで楽器買取の価格が大きく変わります。セットはいろいろな楽器が含まれているため価格が上がるといった意味よりも、ドラムセットはそれだけで価値があるなどの意味を持ちます。自宅で練習できない人は、フットペダル・スネア・シンバルを所有していて、スタジオにあるドラムを借りて練習する人が多いので、ドラムセットだけでなく単品でも楽器買取店に持って行けば売却できます。ドラムは傷があると査定額が下がるので、取り扱いには十分な注意が大切です。保管の仕方が悪いと、ヘッド固定のフープに錆が生じて減額対象になるのでメンテナンスや保管の仕方にも工夫が大切です。 電子ドラムの場合は、一般的なものとは異なり製造年度が買取価格に影響を与えるといいます。楽器といっても電子ドラムは家電品と同じように考えると新しい製品の方が高価査定になりやすいです。また、人気メーカーや人気モデルなども査定に影響を与える要素です。

楽器買取の査定基準④ピアノやキーボード

楽器買取の中でも重量がありサイズも大きいアップライトやグランドピアノは、新品より中古品の方が需要は高いといわれています。そのため、買取査定額は上昇傾向を持つのでメンテナンスをしっかり行っている定期的な調律を実施しているものは高価買取への期待ができます。2019年以降は以前より買取価格の上昇幅は減少しているといいますが、アップライト・グランドピアノはいずれも高価買取への期待ができる楽器です。傷やメーカーやモデル、製造番号やペダルの本数などが査定の基準です。 外側に傷がついているもので、小さいものや目立ちにくいものは普通に使っていても生じやすいものなので査定額が大きく下がることはありませんが、一目で分かる大きな傷跡や塗装の剥離は減額の対象で、楽器買取業者により買取不可になることもあるようです。内部に傷があるものは外側の物と比べる音への影響が懸念される関係から大幅な減額の対象になることも多い、その理由は内部の修理は非常に難しいため買取価格がつかないこともあるといいます。

楽器買取に関する情報サイト
楽器買取を依頼しよう!

このサイトは、今まで大切に使ってきたピアノ・エレキギター・ドラムセット・ヴァイオリン・テナーサックスなどさまざま楽器を高値で売りたいとき買取におけるミニ知識を幅広くご紹介しています。
大切にしているけれども、自然に傷がついてしまうこともありますが、傷がついていると査定価格にも影響が起きることもあります。
ここでは売却先を選ぶときには信頼性が高い専門店や業者を選ぶことが大切、信頼性が高い業者の特徴や出張・店頭・宅配の3つの方法があるなどご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search